前へ
次へ

虫歯の神経を抜くとはどういうことなのか

虫歯の治療といえば削る治療等が一般的ですが、ひどい症状の場合には虫歯の神経を抜く事もあります。
なぜこうする必要があるかというと、その歯を死滅させなければならないからです。
症状がひどくなってしまった歯はもう健康な歯に戻る事は無いので、歯髄と呼ばれる組織を抜いて歯を死なせて歯そのものだけを保存しなければならないからです。
その他、知覚過敏の症状が進行していたり物理的な衝撃により歯に亀裂が入った場合にこのような治療を行う場合があります。
では、具体的にどのような治療内容になるのでしょうか。
まず、神経を取り出すために虫歯を削ります。
そうすると先述の歯髄が露出してくるので特殊な器具を用いてその神経を取り歯を死滅させる処置を行います。
1本1本残らず神経を取り除いたら次に歯の中にある根管と呼ばれる部位を広げて1本にまとめます。
そしてその中を洗浄し薬を詰めて、歯の中を無菌化処置し再び虫歯になってしまう事を防ぐという流れです。

Page Top