前へ
次へ

虫歯にならないように予防が大事

歯の調子が悪くなれば歯医者で治療すればいいのですが、現在では予防医学が重視されています。
歯医者も治療で訪れるのではなく、悪くなる前にチェックしてもらうという考え方が大事です。
予防で1番大事なのが歯磨きです。
きちんと磨けていれば、虫歯菌もありませんから悪くなる事はありません。
細菌のかたまりを定期的に除去すれば、かなりリスクが減ります。
最低でも1年に1回は検診に行き、これよりも短い頻度で歯医者に行けば常にいい状態を保つ事が出来ます。
また歯並びが悪い場合は虫歯になる確率が高まるので、矯正を考える必要があります。
費用は高くなりますが、将来的に歯を失う可能性をかなり下げる事が出来ます。
あとは歯医者で学んだ歯の磨き方や回数や歯間ブラシの利用の仕方など、家庭でのケアをきちんと続ける事です。
また歯医者にかかる人は、自分でしなければいけない事を怠っている事が多いです。
歯科医も治療すればいいということではなくて、いい状態を保つ予防歯科に力を入れている所が多くなってきています。

Page Top