前へ
次へ

最先端の虫歯治療について

虫歯治療のイメージは麻酔をしてドリルで削って詰め物をするというのが一般的だと思いますが、最先端の方法は削る事はなく痛みもほとんど感じないという画期的なものになっています。
方法は虫歯だけをやわらかく溶かして、それを専用の器具で取り出します。
治療中は麻酔を使わないでやる場合もあり、それほど痛みを伴わないやり方です。
幼児や子供や高齢者など、年齢に関係なく治療する事が出来るのも大きなメリットです。
しかも残っている菌も殺菌する事が出来るのでいい状態が続きやすくなります。
削ってしまうと神経もなくなってしまうのですが、神経も残せる可能性が高いです。
削る方法は削った部分のさらに奥にある虫歯菌が、被せ物をした後に繁殖する場合があります。
表面上は問題ないのに静かに進行しているという事です。
刺激や副作用のある物資を使っていないので、安心して治療を受ける事が出来ます。
今までの削って詰め物をするやり方は再発の可能性が高かったのですが、この方法は歯の残存率を高めます。

Page Top